さよなら大仁田、さよなら電流爆破 大仁田厚ファイナルツアー

大仁田厚還暦引退は10月31日後楽園ホールに決定!

9月9日大阪より電流爆破ファイナルツアーを発表!

大仁田厚ファイナル後楽園ホール大会のチケット予約・詳細はこちら
大仁田厚最後の電流爆破in大阪のチケット予約・詳細はこちら
大仁田厚最後の電流爆破in名古屋のチケット予約・詳細はこちら

※9月16日(土)福岡・博多スターレーン大会は、
さよなら大仁田実行委員会ではなく、FMWプロモーションの主催に変更となりました。
ご了承ください。

※10月29日(日)愛知・名古屋国際会議場大会は、
さよなら大仁田実行委員会とオフィスラディの共同開催となりました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

5月10日13時より都内某所で、
大仁田厚が7度目の引退となる還暦引退についての記者会見を行った。

 

大仁田厚コメント:

『引退は1回、というのが定説ですが、俺は6度も引退し、今回は7度目の引退を迎えます。各方面、色々な方にご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ございません。途中、ブランクや政治活動などがあったため、それらを差し引くと俺のプロレス人生は40年になります。

当初はFMWの思い出の地、川崎球場、今の富士通スタジアム川崎での引退を考えていましたが、アメフトのシーズン中のため交渉が難航し、断念。

2017年に入り10月の引退が少しずつ近づき、またアメリカでの電流爆破が決まったこともあり、デビュー当日のことやアメリカ遠征、最初の引退のことをよく思い返すようになった。

やっぱり俺の原点は後楽園ホール。

1974年に後楽園ホールでデビューして、左膝蓋骨骨折ののち、1985年に馬場さんに引退セレモニーをしてもらったのも後楽園ホール。

商業的にはキャパが引退戦向きじゃないかもしれない。

だけどそんなことはどうでもよくて、

プロレス人生の節目、いろんなことがあった後楽園ホールのリングで、現役を引退したいと強く思った。

9月9日大阪大会からファイナルシリーズを開始して、最後にたどり着くのは後楽園ホール。

大仁田厚は2017年10月31日、後楽園ホールで引退します。』

 

 

【さよなら大仁田、さよなら電流爆破 大仁田厚ファイナルツアー】

 

★9月9日(土)大阪・エディオンアリーナ

『株式会社北陽presents さよなら大仁田さよなら電流爆破大仁田厚最後の電流爆破in 大阪』

主催:さよなら大仁田実行委員会  後援:株式会社北陽

★9月16日(土)福岡・博多スターレーン  主催:FMWプロモーション

★10月29日(日)愛知・名古屋国際会議場  主催:オフィスラディ・さよなら大仁田実行委員会

★10月31日(火)東京・後楽園ホール  主催:さよなら大仁田実行委員会