プロレスと「地方創生」への取り組み

大仁田厚は、市役所や商工会議所など試合開催地を事前に訪問して、
できるかぎりPR活動を行っています。
そこには、「地方創生」にかける熱い思いがあるからです。

爆破王コラージュ1

 

電流爆破。
大仁田厚が創り上げた、
絶対に一度はライブで体感すべきヒットコンテンツです。

あなたの五感を揺さぶり、興奮を呼び起こす「爆破エンターテイメントプロレス」。
このコンテンツには、大仁田厚の「地方創生」へかける想いが込められています。

プロレスの興行がなかなか来ない地方へ、
しかも人気の電流爆破プロレスを携えて訪問する。

「こんな田舎に、大仁田厚が来るんだって!」
「ウチの近所で、電流爆破だって!」

そこには、お祭りの縁日のような、
はたまた移動遊園地のようなワクワク感が生まれます。

ワクワクする場所には、人が集まります。
地方にお住まいの方はもちろん、都市部からも、
電流爆破の新たなコンテンツを体感しようと人が訪れます。

これは、その地域にとってのチャンスでもあります。

人が集まる。
会場周辺の商店が活気づくことでしょう。
その土地を初めて訪れるファンに、地元の良さをアピールする機会となるでしょう。

「ぜひ、次はウチの街で爆破マッチをやってください!」
「新しいアイテムのデンジャラス鬼棒を使って、まちおこしに協力してください!」

試合後にはそんな嬉しいお声がけをいただきます。

大仁田厚の爆破エンターテイメントプロレスが開催されることで、
その土地の名前が一躍有名になる。
人が集まり、地方が元気になる。

そのお手伝いをしたい―――それが大仁田厚の願いです。

 

 

これまでの活動・インタビュー記事・メディア

◆超花火 鳥取大会 テレビニュース

 

 

◆みんなの経済新聞ニュース 2015年9月16日
「旭川で初の電流爆破マッチ 大仁田厚さんら、イジメ撲滅・地方創生目的に /北海道」

大仁田旭川市長訪問

(記事より抜粋)―――

元参議院議員にして全国区で人気のプロレスラー大仁田厚さんら約20人の参加選手が、有刺鉄線に囲まれたリングで闘う「電流爆破マッチ」。「どんな大きな敵にも立ち向かい、何度倒されても立ち上がる」プロレスラーの姿を見てもらうことで、「子どものイジメ撲滅につながれば」と開催される。
地域と密着し、地元産物とのタイアップ企画として「プロレスB級グルメ」を作るなど「地産地食」や「地方創生」も併せて図る。町おこし事業として売り上げの一部を福祉施設に寄付するほか、地球温暖化を軽減する取り組みとして試合前にはごみ拾いを行う。

(写真は西川将人旭川市長と)

全文リンクはこちら
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150916-00000023-minkei-hok